ホーム汎用パソコン向け DSP ライセンス

『DSP版の訴求ポイント』へ移動   『DSP版の販売方法』へ移動   『製品のご紹介 (Windows Client)』へ移動   『製品のご紹介 (Windows Server)』へ移動

DSP版の訴求ポイント

DSP版とは
DSP とは Delivery Service Partner(デリバリー・サービス・パートナー) の略で、正規 Windows® ライセンスの販売方法の 1 つであり、正規 OEM製品販売代理店経由で提供される汎用パソコン向けの Windows ライセンスです。正式名称は「OEM システム ビルダー ライセンス」と言います。DSP 版は、システム ビルダー様を対象とした製品のため、エンド ユーザー向けの配布権利はシステムビルダー様にのみ許諾されています。
DSP 版は、OEM(Original Equipment Manufacturer) 製品ですので、システム ビルダー様のブランドにて、マイクロソフト製品を配布することになります。エンド ユーザーはマイクロソフト製品ではなく、システム ビルダー様のブランドが付いた製品を購入するということになります。

OEM システム ビルダー ライセンス
システム ビルダー様が、OEM システム ビルダー ライセンスをご販売に使用いただくにあたり、システム ビルダー ライセンス条項に同意いただく必要があります。条項につきましては、パッケージに同梱されており、下記のサイトからもご確認いただけます。

OEM システム ビルダー ライセンス
http://www.microsoft.com/OEM/ja/licensing/sblicensing/Pages/localized_licenses.aspx
DSP 版は、梱包シールを開封することにより、ライセンスに同意したとみなされます。

〈 個人使用(パーツバンドル版ご購入)の場合 〉 個人用に PC を構築、または仮想マシンに追加のオペレーティング システム(OS) をインストールする用途として、エンド ユーザーが OEM システム ビルダー ライセンスをパーツバンドル版でご購入いただく場合、システム ビルダー様向けの OEM システム ビルダー ライセンスは適用されません。個人使用ライセンスのもとに、OEM システム ビルダー ソフトウェアをエンドユーザーが購入することになります。

〈 法人利用(パーツバンドル版ご購入)の場合 〉 法人使用(パーツバンドル版ご購入)の場合、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項は、マイクロソフトとエンド ユーザーの間での締結になります。 法人利用についても、個人使用ライセンス条項へ同意が必要になります。 同意の際は、パーツバンドル版でのライセンス購入のため「個人での利用」となりますので、使用者の個人名を入力ください。 法人利用については、1 ユーザーあたり 5 ライセンスが上限となります。 ※個人の特定が難しい場合は、代表名でも構いません。 ※OS を使用するデバイスと同数のライセンスが個別に必要になります。

本ライセンスは、以下の場合にはご利用いただけません。
■既存のOSのアップグレード ライセンスとして使用する場合。
■6台以上のデバイスに対する商用利用目的で、ライセンスを使用する場合。
※なお、Windows 7 ソフトウェアで個人用の PC を構築する場合、製品版パッケージを購入頂くことも可能です。
法人使用(パーツバンドル版購入)の場合は、梱包シールを開封することにより、個人使用ライセンス条項に同意したとみなされます。

各ライセンスの比較
マイクロソフトの Windows ライセンスをご利用いただくには、主に以下の 4 つのライセンスが用意されており、それぞれ特徴と利用上の制限があります。

Windows 7 / Windows 8.1 / Windows 10 製品
  DSP版 製品版パッケージ
(FFP版)
プレインストールPC
(大手 OEM 版製品)
ボリューム ライセンス
ライセンスの対象 特定のPC 1台(パーツバンドル版購入)
最初にインストールされた
パソコン(システム)
特定のPC 1台 プレインストールPC 1台 PC 1台
商品形態 1.新規インストール版
  (パーツバンドル版販売)
2.PCプレインストール版
1.アップグレード版
2.新規インストール版
  (Windows 8.1のみ)
PC プレインストール版 アップグレードのみ、
3ライセンスから購入可
サポート システム ビルダー様 マイクロソフト PC メーカー様 有償サポートのみ

DSP 版〈 新規インストール版(パーツバンドル版販売) 〉でのご販売の際は、システム ビルダー様のエンド ユーザー向けサポート提供義務はシステム ビルダー契約上生じません。 システム ビルダー様は、サポートを付与することで付加価値を提供することができます。


DSP版の販売方法

販売形態
DSP 版は「新規インストール版(パーツバンドル版販売)」「PC プレインストール版」のいずれかの形態にて販売いただけます。 パーツバンドル版は、下記PCパーツとのバンドル販売のみとなり、単体販売はできません。
バンドル対象のPCパーツ マザーボード、CPU、メモリ、SSD、HDD、CD/DVD/ブルーレイディスクドライブ、CPUクーラー
拡張ボード(PCI、AGP、PCI-Expressスロット対応)、ベアボーンキット

※FDD、カードリーダー(内蔵/外付け)およびUSBインターフェイス内蔵デバイス(USB型HDDドライブなど)は、
パーツバンドルアイテムの対象外となります。
32 bit 版と 64 bit 版について
DSP 版は 32 bit 版と 64 bit 版それぞれ個別の製品となります。
そのため DSP 版を購入する際には、Windows 10 Home または Windows 10 Pro の 32 bit 版か 64 bit 版をお選びください。 また、DSP 版の場合、ご利用中の DSP 版 Windows 10 32 bit 版を 64 bit 版へ(もしくは 64 bit 版から 32 bit 版へ)変更するためには、新たに DSP 版の購入が必要になりますのでご注意ください。

DSP 版 Windows 10 製品はこんなエンド ユーザーにおすすめください!
DSP 版 Windows 10 製品は以下のような方にご利用いただけます。

OS が入っていないパソコンに Windows 10 製品を新規でインストールしたい方
空の HDDやSSD に OS を初めてインストールする場合は、新規インストール可能な DSP 版をご案内ください。

自分でパソコンを作りたい方
自作 PC に OS をインストールする場合も、新規インストールを行なうことになりますので DSP 版をご案内ください。

仮想化環境(例Bootcampなど)に OS をインストールされたい方
デュアルブート環境や仮想化環境にて Windows 10 製品を利用したい場合、新たに OS をインストールする必要がありますので、DSP 版をご案内ください。

クリーン インストールされたい方
OS が入っている PC にフォーマットをかけて、改めて Windows 10 製品をインストールする場合も、DSP 版をご案内ください。

※DSP 版は、新規インストール用のライセンスのため、アップグレード対象の Windows ライセンスが入っていない PC 環境でお使い頂けます。
※アップグレード対象の Windows ライセンスが入っていない PC 環境というのは、「デュアルブート環境」や「仮想化環境」も含まれます。


製品のご紹介 (Windows Client)

Windows 10 のエディション別紹介
Windows 10 Home
一般ユーザー/家庭向けの一番基本的なエディション
音声アシスタント「Cortana(コルタナ) ※1」、新ブラウザ「Microsoft Edge」、タブレットとノートPCのUIを切り替える「Continuum(コンティニュアム) ※2」、認証機能「Windows Hello(ウィンドウズ ハロー) ※3」といった Windows 10の基本機能を備えています。
Windows 8.1(無印、Coreエディション)の後継。

Windows 10 Pro
Windows 10 Home の上位エディション
ハイエンドユーザーやビジネス用途向けに、より多くの機能を備えている。 ドメインへの参加機能やHyper-V、ビジネス向けWindows Updateなど、企業内で利用する機能も備えています。
Windows 8.1 Pro の後継。

各エディションの機能比較表
Windows 7 Windows 8.1 Windows 10
スタート メニュー
重要な機能やデータにすばやくアクセスできます。
高速起動
Hyperboot と InstantGo によって起動と再開を高速化します。
 
アプリのピン留め
お気に入りのアプリをタスク バーにピン留めできます。
カスタマイズ
好みに合わせて、さまざまな方法でカスタマイズできます。
セキュリティの強化
強力なセキュリティを搭載しています。互換性にも優れ、お手持ちの周辺機器を活用できます。
Cortana※1
作業を支援するパーソナルアシスタント
   
OneDrive を標準搭載
クラウドにドキュメントや写真を保存して (15 GB 無料)、エクスプローラーから直接簡単にアクセスできます。
 
Continuum (コンティニュアム)※2
デスクトップ モードとタブレット モードをすばやく簡単に切り替えることができます。
   
Windows Hello※3
PC のカメラによる顔認証や、指紋認証により安全にログインでき、パスワードが不要になります。
   
ゲームに最適※4
Xbox アプリを標準搭載し、美しいグラフィックスで人気のゲームをお楽しみいただけます。
   
Microsoft Edge
Web 上でより多くのことが行える、新しいブラウザーです。
   
マルチタスク
仮想デスクトップの作成や、開いているアプリを一覧で表示することできます。
   
Windows ストア※5
充実したアプリやゲームに加えて、新たに音楽、映画、テレビ番組もラインナップされました。
 
  1. Cortana(コルタナ) は、特定の地域でのみ利用可能で、日本語にはまだ未対応です。エクスペリエンスは、地域やデバイスによって異なる場合があります。
    また、使用するには、Microsoft アカウントが必要です。
  2. Continuumは、タッチ スクリーン機能が必要など、ハードウェアに依存します。アプリのエクスペリエンスは異なる場合があります。
  3. Windows Hello には、指紋リーダー、照明付き IR センサー、その他の生体認証センサーなど、専用のハードウェアが必要です。
  4. Xbox アプリ等を利用するにはブロードバンド インターネット接続が必要です (別途、インターネット サービス プロバイダーの料金がかかります)。Xbox Live 機能はサポート対象のゲームに限り、Xbox Live サービスが提供されている国でのみご利用いただけます。http://www.xbox.com/live/countries をご覧ください。DirectX 12 のご利用には、対応しているゲームとグラフィック チップが必要です。互換性など、インストールにあたっての重要な情報については、お使いのデバイスの製造元の Web サイトおよび Windows 10 の仕様に関するページをご覧ください。すべてのゲームは、Xbox One、PC、タブレット、スマートフォンの各プラットフォームごとに別々に販売されます。
  5. 国と地域によって、ご利用いただけないアプリやデジタル コンテンツがあります。また、エクスペリエンスが異なる場合もあります。

Windows 10 Proなら、選択肢がさらに広がるのでおすすめです。


製品のご紹介 (Windows Server)

Windows Server 2012 R2 のエディション別紹介
Windows Server 2012 R2 のライセンス体系は大幅に簡素化されています。お客様とパートナーからのフィードバックに基づいた Windows Server の新しいライセンス アプローチでは、以下の利点を得ながら適切な Windows Server を容易に選択できます。

シンプル
適切な Windows Server エディションをこれまでよりも容易に決定できます。組織のサイズおよび仮想化とクラウド コンピューティングの要件に合わせて、Windows Server 2012 R2 の 3 つのエディションから選択できます。

経済的
Windows Server 2012 R2 のすべてのエディションは、優れた経済性と投資効果をビジネスにもたらします。たとえば、無制限の仮想化権限を含む Datacenter エディションには、予測可能で低いコストでのクラウド レベルのスケーラビリティという利点があります。Standard エディションは、Datacenter と同じエンタープライズ クラスの機能を提供します。これらの 2 つのエディションの違いは仮想化権限だけです。

クラウドへの最適化
今日のビジネスは、プライベートおよびパブリック クラウド コンピューティングにわたるハイブリッド アプローチの採用を進めています。Windows Server 2012 R2 は、クラウドへのパスに関係なく適切なエディションを提供します。Datacenter エディションは高度に仮想化されたクラウド環境に最適で、Standard エディションはコストを重視した軽度の仮想化環境に適しています。Essentials エディションはクラウドに接続する最初のサーバーとして最適です。

Windows Server 2012 R2 Datacenter
仮想化を大規模に活用するプライベート クラウド環境向けに設計されています。

Windows Server 2012 R2 Standard
物理的な環境、または仮想化をあまり使用しない環境向けに設計されています。

Windows Server 2012 R2 Essentials
25 ユーザー以下、50 デバイス以下の小規模ビジネス向けに最適です。

各エディションの比較表
DSP版での提供エディション Datacenter Standard Essentials
概要 データ センターやプライベート・
クラウドなど、特に大規模仮想化環境に対応したサーバー OS
非仮想化環境もしくは小規模仮想化環境向けサーバー OS 25 ユーザーまでのスモールビジネス向けサーバー OS。従来の Windows Small BusinessServer Essentials の後継
機能 全機能が利用可能 全機能が利用可能 機能制限あり
仮想化インスタンス権 無制限の仮想化インスタンス権 2 つまでの仮想化インスタンス権 仮想化のインスタンス権なし(物理マシンもしくは仮想マシンのいずれかにインストール可能)
ライセンス・モデル プロセッサ + CAL
(Client Access License)ライセンス
プロセッサ + CAL ライセンス サーバー・ライセンス。CAL 不要。
最大 25 ユーザー / 50 デバイスまで(Standardへの移行は可能。移行後はユーザー環境に応じて、CAL 追加が必要)
サポート物理プロセッサ数
(ソケット数)
1 ライセンス当たり
2 物理プロセッサまで
1 ライセンス当たり
2 物理プロセッサまで
2 物理プロセッサまで
※CAL は、サーバーに直接または間接的にアクセスするすべてのユーザーまたはデバイスに必要です。


ライセンスについて
Windows Server 2012 R2 を利用するためには、サーバーの使用権である「サーバー ライセンス(Windows Server 2012 R2 )」と、ユーザーが PC などの各種デバイスを使ってサーバーにアクセスするためのアクセス権である「クライアント アクセス ライセンス(Windows Server 2012 CAL )」の 2 種類のライセンスが必要です。CAL(クライアント アクセス ライセンス) とはサーバー ソフトウェアがインストールされたサーバーで実行されているサービスにアクセスするための権利です。
※Windows Server 2008 などの以前のバージョンのサーバー ライセンスを使って Windows Server 2012 R2 を実行したり、Windows Server 2008 CAL などの以前のバージョンのCAL を使って Windows Server 2012 R2 にアクセスすることはできません。また、Windows Server 2012 R2 のサーバー ライセンスと CAL を取得している場合、以前のバージョンのWindows Server を実行し、アクセスすることが可能です。

サーバー ライセンス(Windows Server 2012 R2 )
サーバー ライセンスは、Windows Server 2012 R2 のインスタンスをコンピューター上で実行するために必要なライセンスです。インスタンスは、セットアップを実行することで作成されます※1。サーバー ライセンスは、Windows Server2012 R2 のインスタンスを実行する特定のサーバー ハードウェアに割り当てる必要があります。

クライアント アクセス ライセンス(Windows Server 2012 CAL )
Windows Server 2012 R2 のインスタンスに直接的または間接的にアクセスするユーザーまたはデバイスごとに必要なライセンスです。デバイスには、パソコンやワークステーションだけではなく、携帯端末も含まれます。(ただし、特定の条件に当てはまるデバイスまたはユーザーを除く※2)

※1 既存のインスタンスを複製した場合も別個なインスタンスを作成したものとみなされます。
  また、ブレード サーバーの各ブレード、パーティションも別個の物理サーバーとみなされます。
※2 以下のサイトに記載されている条件に当てはまるデバイスまたはユーザーは CAL を取得する必要がありません。

Server and Cloud Platform CAL が不要になるケース
http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/windows-server/licenseguide/license-06.aspx#non-cal


CAL の販売シナリオ
Windows Server 2012 R2 ソフトウェアを販売される際は、Windows Server 2012 CAL も一緒にご販売ください。
CALの販売シナリオ

ユーザー CAL:ユーザー単位の CAL です。 サーバーにアクセスするユーザーの数に合わせて購入します。
デバイス CAL:デバイス(PC やモバイル端末など) 単位の CAL です。 サーバーにアクセスするデバイスの数に合わせて購入します。




旭エレクトロニクス(AEC)へのお問い合わせフォーム